2017年12月18日

親子楽しむ運動あそび

11月に、乳幼児の親子の方を対象に「親子で楽しむ運動あそび」の講習会を三田市総合福祉保健センターで行いました。

かるがも園でも実践している運動療法「シェルボーン・ムーブメント」の基本的理論の講義と親子ペアでの実技による講習会です。

025.JPG

「運動療法」というと堅苦しく感じられる方もいらっしゃると思いますが、このシェルボーンムーブメントは、親子が楽しみながら行う「運動あそび」と言ったほうが分かりやすいかと思います。

活動内容の一部をご紹介すると、おうまさんごっこをしたり、ゆりかごのようにようにをゆらゆらしたり、ひこうきブーンをしたり・・・。
小さなお子さまと一緒に遊ぶときにおなじみの「遊び」かと思います。 

かるがも園では、このシェルボーン・ムーブメントの活動を子どもの発達支援に役立てています。

発達に何らかの不安があるお子さまにとって有効な療法のひとつではありますが、すべての子どもたちに有効な活動であり、子どもの脳の発達を促す方法です。
道具は使いませんし、狭い場所であっても寝転がれる床があれば十分ですから、お家でも簡単に取り組んでいただけます。
ポイントはお子さまと楽しく行うことです。

受講者の方には、ご家庭でお子さまとのコミュニケーションづくりや発達支援に役立てていただきたいと思います。

028.JPG

この「親子で楽しむ運動あそび」の講習会は、年3〜4回実施しています。
次回は2月に行います。
posted by さんだ子ども発達支援センター「かるがも園」 at 13:48| 療育講座・研修会

2017年08月28日

平成29年度子ども療育講座

8月17日・18日に三田市内の小学校や認定こども園、保育所などの関係者を対象にした療育講座を開きました。
2日間、4講座で延べ157人が参加されました。

P1180132.JPG

第1回 感覚統合の発達と子どものあそび
実際の子どもの映像を見ながら、各感覚の働きや発達を促す遊び方を紹介しました。

第2回 ちょっと気になる子どもの理解とその支援
集団生活の中で気になる子どもの具体的な支援方法や支援グッズを紹介しました。

第3回 ことばの発達とその支援
ことばが出る仕組みやことばの問題の原因、支援法についてお話しました。

第4回 きょうだい・家族の思いとその支援
障害のある子どもの兄弟姉妹への支援の大切さ、親子のかかわり方についてお話しました。
posted by さんだ子ども発達支援センター「かるがも園」 at 15:58| 療育講座・研修会